足の痛み

足の症状

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

足の裏には、踵の骨から指のつけ根の骨にむかって「足底腱膜」という腱が扇状に広がっており、足の裏のアーチの張りを作ったり、荷重時に衝撃を吸収したりする役割があります。

走りすぎなどでこの足底腱膜に繰り返し負荷がかってしまうと炎症や小さな断裂が繰り返しおこり踵や足の裏に痛みが生じてしまいます。

足底腱膜炎は、足底腱膜が踵の骨に付くため、この部分に痛みが生じてしまうことが多くみられます。また、それ以外に足底腱膜の中央部分に痛みがおこることもあり、その場合は土踏まずに痛みが生じます。

足底筋膜炎の発症初期は、自然に痛みが減り治ることもありますが、繰り返し小さな損傷が生じてしまうと治りづらい組織へ変わっていきます。

症状が強くなってしまうと足底腱膜の付着部分である踵の骨の構造が破綻し、骨化して、骨棘(こつきょく)ができてしまう場合があります。

施術としては足底腱膜への負担を減らすためにインストールの作成や、足底腱膜やアキレス腱のストレッチやマッサージを行います。

外脛骨(がいけいこつ)

外脛骨とは足を構成する骨の1つである舟状骨の内側に存在する余分な骨(過剰骨)のこといいます。

外脛骨は15~20%の人に存在すると言われており、思春期の運動量の多くなる時期である10−15歳で特に女性に多く発症するといわれています。

外脛骨の多くは骨の出っ張りがみられるだけとなっていますが、症状が強くなり痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨と言います。

有痛性外脛骨は若年性のスポーツ障害として数多くみられる疾患となっていますが、成人になって痛みが発症することもみられています。

外脛骨の多くは捻挫を受傷ポイントとしては足部内側に痛みが出現します。足部内側には痛みを伴う骨性の隆起が認められ、扁平足を伴うことが殆どとなっています。

外脛骨に対する施術とは安静を行い、ホットパックなどを行って痛みの軽減を行います。その後も痛みが継続してみられる場合はギプス固定やインストールを作成する方法がみられます。

しかし、発症した痛みが強い場合に関しては手術を行って痛みを軽減させるようにします。

踵骨炎(しょうこつえん)

踵骨炎とは踵の骨である踵骨の炎症が生じてしまう症状となっています。踵骨には足底腱膜が付着しており足部のアーチを作成しており、歩行などの荷重時にショックを吸収する役目があります。 歩行を行うことによりゆっくり歩く時でも足にかかる重さは、体重の1.2倍の負荷がかかってしまいます。また、走っているときは約3倍、ジャンプは約6倍と体重より非常に多くの負担がかかってきます。 特に歩いたりする場合は踵への衝撃が非常に強くなるため、大きな負担がかかってしまい、その際に足底腱膜は繰り返しの牽引刺激によって腱が変性、微小断裂や炎症が発生しやすくなります。 踵骨炎の施術に関してはまず、炎症が強い場合に関しては踵に負担をかけると症状が強くなってしまうため、まずアイシングなどを実施することが重要になります。 炎症が治まったらマッサージやストレッチを行っていきます。特に足底筋膜の緊張をマッサージで柔らかくしたり、ふくらはぎの筋肉を中心にストレッチをしたりして踵にかかる負担を軽減させていきます。