肩の痛み

肩の症状

五十肩

五十肩は、好発年齢は40~60歳代ではあるものの、その中でも50歳代を中心とした中年以降に発症し、関節を構成している骨・軟骨・靱帯や腱などが老化してしまって肩関節の周りの組織に炎症が起きることが主な原因といわれています。

五十肩は肩関節に強い痛みが生じてしまい、肩関節全体が動かしにくくなります。症状が強い場合は肩関節の動きをよくする袋である肩峰下滑液包や関節を包む袋である関節包が癒着(組織が引っ付いてしまう)するとさらに動きが悪くなってしまいます。

五十肩は、自然と痛みが減っていき治るときもありますが、そのままにしておくと日常生活が不自由になり、より肩関節が動かしにくくなる場合もあります。

五十肩を発症した当初に関しては痛みが強いため、三角巾などで安静し、アンシングなどを実施します。痛みが減ってきたら、ホットパックや肩関節周りの緊張している筋肉をストレッチやマッサージなどを実施して、緊張を減らしていきます。

頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

頚肩腕症候群とは、腕を長時間にわたって同じ姿勢をとり続けたり、同じような動作を繰り返し行うことにより、神経や筋肉が疲労を生じた結果発症し、首~肩甲骨にかけて存在する筋肉(僧帽筋、胸鎖乳突筋)の痛みや、肩・肩甲骨周囲・腕にかけての痛みやしびれなどが生じてしまう疾患のことをいいます。

現在では、長時間のパソコン操作で発症することが多く、若年層から発症し女性の方が発症しやすくなっています。

施術としては、まず頚肩腕症候群の原因となっている動作や姿勢を見直す必要性があります。悪い姿勢で長時間の作業などを行うと神経や筋肉の疲労が生じやすくなってしまうため、良い姿勢を保ち続けることは非常に重要になります。

また、それとは別に筋肉の緊張をやわらげることは非常に重要になります。主なやり方としましては、蒸しタオルやホットパックなどで筋肉を温めたり、ストレッチやマッサージなどを行い、血流を良くすることも重要となります。

腱板断裂(けんばんだんれつ)損傷

腱板断裂損傷とは、上腕の骨と肩甲骨とをつなぐ腱が傷ついてしまったり、切れてしまう状態のことをいいます。腱板断裂損傷は腱板自体が肩峰と上腕骨頭という骨と骨の間にはさまれているということと、腱板自体の老化が原因として発症してしまうため、中年以降の病気といわれています。

実際に40歳以上の男性に多くみられており、発症年齢のピークは60歳代となっています。

腱板断裂損傷は明らかな外傷によるものは全体の半数で、残りの半数ははっきりとした原因はなく、日常生活を送っていく中で腱板断裂や損傷が生じてしまいます。そのため、男性の右肩に多く発症することからも肩の使いすぎが原因となっていることが予測されます。

腱板断裂損傷は発症した当初に関してはまず包帯固定・テーピング固定などを行い、動かさないように固定します。また、炎症が強い場合はアイシングを行います。

その後、痛みが軽減してきたら肩関節の筋肉の緊張を軽減させるためのマッサージなどを行うとともに肩関節を構成する奥に存在するインナーマッスルを中心に筋肉トレーニングを行います。

しかし、腱板が断裂してしまった場合に関しては手術を行って痛みを軽減させる必要性がある場合もあります。