首の痛み

頚の症状

頚椎症

首は7つの頚椎と呼ばれる骨により構成されています。頚椎のクッションの役目をしている椎間板は、20歳を過ぎたころから、年齢とともに、水分が失われて弾力性がなくなり、ひびが入ったり、徐々に潰れたりするなどの変性が始まるといわれており、その結果、靭帯が厚く硬くなってしまったりして、頚部の痛みなどの症状が出現してしまったことを総称して頚椎症と呼ばれています。

頚椎症は、最初に手足のしびれなどの症状が出現し、その後、進行するに伴って、筋力低下や膀胱直腸障害も出現する場合があります。

頚椎症の治療法は重度の場合を除き、まずは保存療法(頚椎カラーを用いた装具療法、薬物療法)が選択されます。また、温熱治療や牽引治療なども使用されます。さらに痛みが強い場合は運動やマッサージなどをして、代謝機能や身体機能などの改善を目的に行います。

頚椎症の予防や改善のためには、日常生活を送っていく中で、姿勢や首の動かし方について気をつけることが大事です。

頚椎椎間板ヘルニア

首には7つの骨があり、骨と骨との間には椎間板(ついかんばん)と呼ばれているクッションの役割をしているものがあり、上下の頸椎を支えるクッションの働きをしています。

しかし、頚椎椎間板ヘルニアの場合はこの椎間板が破れて頚髄(脊髄)とよばれる神経組織を圧迫するのが頚椎椎間板ヘルニアとなっています。

頚髄は脳から手や肩に向けて送られる信号は全てこの頚髄を通して届けられているため、首・肩部症状や腕、手症状が出現しますが進行してしまうと頭部、顔面症状や尿コントロール障害などを含めた下半身症状が出現します。

椎間板ヘルニアの多く数ヶ月で自然と小さくなり、症状が軽くなると言われてはいますが、首の筋肉のハリが強い場合はハリのある筋肉に対してマッサージなどを行うと効果的となります。

しかし、首のしびれが強いなどの自覚的な症状が強い場合など症状が非常に強く深刻的な場合は病院に入院して首の手術を行う必要性がある場合があります。

寝違え

寝違えとは睡眠中に無理な姿勢を長時間取ったり、無理な首の動かし方をすることで首の筋肉に負担がかかってしまって、筋肉痛のような痛みが出てしまう症状のことをいいます。

症状としては朝に目が覚めたとき、首の後ろや首~肩の広い範囲で痛みが出てしまい、また首を動かすと痛みが出現します。また、症状が強い場合は首の痛みが強いため首を動かすことができない場合もあります。

なぜ、寝違いがおこってしまうのかは正確な原因は判明しておらず、さまざまな意見がありますが、無理な姿勢を長時間行うことによる筋肉への血液の供給不足、筋の痙攣などが原因として考えられます。

施術としては発症すぐに関しては動かすと首が痛いので、痛い方向には動かさず電気による低周波治療や、アイシングなどを行います。

痛みが減ってきたら、首周りの筋肉を中心にマッサージを実施して、筋肉の緊張を軽減させていきます。しかし、マッサージなどを行う際に痛みに我慢していると逆効果の場合があるため、しっかり相談しながら行うことが大切になります。