膝の痛み

膝(ひざ)の症状

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝関節のクッションとして働いている関節軟骨が加齢とともにすり減っていくことにより、関節内の炎症がおこったり、関節が変形してしまって腫れや痛みが生じてしまう疾患となっており、発症は女性に多くみられ、高齢者になるほど発症率が高くなってしまいます。

変形性膝関節症の初期症状としては立ち上がりや歩き始めなど動作の開始時に痛みが出てきます。その後、進行すると階段の昇り降りや正座が難しくなり、日常生活を送る上でも支障をきたしてきます。

施術としては、痛みが出る場合は炎症を抑えること、変形に関しては膝関節の動きを良くすることが重要になります。

痛みがあり炎症がある場合はアイシングを行い、炎症を抑えることが重要になります。それとともに膝関節の動きを良くするために太ももを中心とした膝周辺の筋力を鍛えたり筋の緊張を軽減させることにより関節がスムーズに動くようになります。

しかし、あまりにも膝関節の変形が強い場合に関しては、手術を行い膝関節の変形を治す必要性があります。

半月板損傷

半月板は膝関節と脛の骨である脛骨の間にある三日月に近い形(C型)をした軟骨に似た組織で、内側と外側にそれぞれ存在しています。

半月板には荷重がかかった時の負担の伝達分散、関節をより安定させるなど膝関節の滑らかな動きを助ける重要な役割があります。

半月板を損傷してしまうと、膝関節を曲げ伸ばしする際に痛みが出たりひっかかりを感じたりします。さらに症状が強い場合は膝に水がたまったり、ロッキングと呼ばれる急に膝が動かなくなる状態になり歩けなくなるほど膝関節が痛くなります。

 半月板は体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷し、スポーツなどの怪我から発症してしまう場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月に微妙な外力が加わって損傷する場合とがあります。

半月板を損傷してしまうと何も行わずに症状が改善することはありません。しかし、軽い症状であれば膝関節周囲の筋肉をほぐし動きを良くすることにより痛みが軽減する場合があります。

しかし、症状が強い場合は手術にて痛みを軽減させる必要性があります。

ランナー膝

ランナー膝は腸脛靱帯炎ともいわれており、ランニングによる膝関節障害の代表となっています。

ランナー膝の原因は膝関節の曲げ伸ばしの運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が太ももの外側である大腿骨外顆と擦れて炎症を起こし、痛みが発生してしまいます。

ランナー膝は特にマラソンなどの長距離ランナーによく発症し、その要因はほとんどの場合は使い過ぎによる痛みとなっています。過剰なランニング時間と距離、硬い路面や下り坂などさまざまな要因で発症します。

ランナー膝の症状としては大腿骨外顆周辺を押すと痛みが生じます。また、腸脛靱帯のハリは強くなり、靭帯の走行に沿って痛みが出現する場合があります。

ランナー膝の初期はランニングした後に痛みが出ますが休むと消失します。しかし、症状が強くなるとランニングを続けていると痛みが強くなってしまい、簡単には痛みが消えなくなってしまいます。

ランナー膝は使い過ぎによる痛みとなっているため、まずしっかり休息を取ることが重要となるためランニングの休止が重要となります

その次に、腸脛靭帯を走行する股関節外側部を中心としたストレッチやマッサージを行うと効果的になります。

鵞足炎(がそくえん)

鵞足炎とは、スポ―ツなどにより引き起こされる、膝関節の慢性的な炎症のことをいいます。

鵞足とは膝関節のすぐ下にある脛の骨である脛骨につながっている3つの腱をいい、この形がガチョウの足のようにみえるため「鵞足」と呼ばれています。

膝関節は「曲げ伸ばし」をよく行う部位となっているため、靭帯や腱が骨との摩擦によって傷ついてしまい炎症を起こしてしまい痛みが生じてしまいます。

鵞足炎は陸上競技やサッカーなど過度なスポーツや運動を行った時や合わない靴を履き続ける、安定しない足元で運動を行う膝の使い過ぎによる摩擦などがあげられます。

施術としては発症当初に関しては安静をしてアイシングなどを行います。その後、靴やランニング環境などの改善やマッサージ、ストレッチなどを中心に行い鵞足を形成する3つの腱の柔軟性を高める必要性があります。

鵞足炎はもし発症しても軽い症状であればスポーツを続けることは可能と考えられます。

しかし、その場合はいつも以上にストレッチや、運動後のアイシングといった予防をしっかりと行うことが重要になります。